★ハーレーダビッドソン 2017年第一四半期の売上高は昨年比4.2%減少

ハーレーダビッドソンが2017年第一四半期(1月-3月)の決算情報を公開しています。それによると全体で売上高は昨年比4.2%減少、アメリカ市場では5.7%減少となっているようです。

Sponsored Link

ハーレーダビッドソンの2017年1月〜3月期の完全希薄後の1株あたり利益は$1.05となり、前年同期における$1.36を下回った。2017年1月〜3月期の当期純利益は1億8640万ドルで、連結売上高が15億ドル、昨年同時期は当期純利益2億5050万ドル、連結売上高が17億5000ドルであった。

全世界における2017年1月〜3月期のハーレーダビッドソンの売上高は昨年比で4.2%減少。アメリカ市場における売上高は昨年比5.7%の減少となり、同様にアメリカ国内におけるモーターサイクル自体の売上高も同様の傾向を見せている。ハーレーダビッドソンのアメリカ国内における601cc以上のモーターサイクルのシェアは51.3%であり、昨年同期比より上昇している。アメリカ国外での売上高は昨年同期比1.8%の減少に留まった。

2017年1月〜3月期の販売台数はアメリカ市場の落ち込みにより減少。予想されていたように、アメリカ国内の販売はソフト業界の販売減少、また2017年モデルの出荷を減らすというハーレーの意思決定に影響された形となる。この意思決定によりディーラーは2016年モデルの在庫を整理することが出来たと言える。アメリカ国外ではアジアパシフィック地域の販売不振により減少しているもののラテンアメリカ地域では力強いセールスを記録している。ヨーロッパ・アフリカ、カナダは昨年比8.8%、16.3%の成長を見せた昨年と比較して減少している。

ハーレーダビッドソンの2027年までの計画は下記の通り

・アメリカ国内で新たに200万人のハーレーのライダーを増やす
・アメリカ国外でのビジネスボリュームを年間比50%の割合まで増やす
・新たに100種類のインパクトのある車両を発表する
・投下資本に対して優れたリターンを実現する
・環境負荷を増加させるにビジネスを成長させる。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★KTM、Husqvarna(ハスクバーナ)のデザインを行うKISKAがインターン募集中!
★KTM 2ストロークインジェクションエンジンを開発。2018年モデルとして市販へ
★スズキ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要を発表
★無限 今年もマン島TT Zeroクラスに神電で参戦
★コリン・ファーズ 世界最速100馬力のダージャム(バンパーカー)
★クライトンレーシング 一斉を風靡したロータリーエンジン搭載の「CR700P」の後継車両を製作中
★トライアンフ オールクラシックフェアのご案内
★ニッキー・ヘイデン 事故から2日経過も容態は好転せず
★ニッキー・ヘイデンの事故発生時の現場映像を地元警察が入手
★トミー・ヘイデン「ニッキーは私たち家族の誇り」
★MotoGP2017 Ducatiファクトリーのライダー達からニッキーへと贈る言葉
★Red Bull ホンダ ワールドスーパーバイクチーム ヘイデン選手へのお別れの言葉
★バイク用品販売老舗のナップスAmazonでのバイク用品取付サービスの販売を開始~ 全国のナップス店舗でタイヤ取付け作業などをサポート ~
★Laverda(ラベルダ)博物館のバイク全81台を手に入れるチャンス
★インドBajaj Auto(バジャージオート) Ducati買収に自信あり
★MVアグスタ ロシア系 投資ファンドの助けを借りて資本再構成へ
★全国3,300店舗のサービスレベルを評価「サービス オブ ザ・イヤー2017」 TOP100に 「ナップス 岡山店」 がランクイン
★<スポーツバイクユーザー500人に調査> 自転車の故障トラブル、原因の7割は「メンテナンス不足」
★スズキ 第45回東京モーターショー2017の出品概要
★ホンダ 2017 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズ第15戦日本グランプリ パブリック・ビューイング