★ハーレーダビッドソン 2017年第一四半期の売上高は昨年比4.2%減少

ハーレーダビッドソンが2017年第一四半期(1月-3月)の決算情報を公開しています。それによると全体で売上高は昨年比4.2%減少、アメリカ市場では5.7%減少となっているようです。

Sponsored Link

ハーレーダビッドソンの2017年1月〜3月期の完全希薄後の1株あたり利益は$1.05となり、前年同期における$1.36を下回った。2017年1月〜3月期の当期純利益は1億8640万ドルで、連結売上高が15億ドル、昨年同時期は当期純利益2億5050万ドル、連結売上高が17億5000ドルであった。

全世界における2017年1月〜3月期のハーレーダビッドソンの売上高は昨年比で4.2%減少。アメリカ市場における売上高は昨年比5.7%の減少となり、同様にアメリカ国内におけるモーターサイクル自体の売上高も同様の傾向を見せている。ハーレーダビッドソンのアメリカ国内における601cc以上のモーターサイクルのシェアは51.3%であり、昨年同期比より上昇している。アメリカ国外での売上高は昨年同期比1.8%の減少に留まった。

2017年1月〜3月期の販売台数はアメリカ市場の落ち込みにより減少。予想されていたように、アメリカ国内の販売はソフト業界の販売減少、また2017年モデルの出荷を減らすというハーレーの意思決定に影響された形となる。この意思決定によりディーラーは2016年モデルの在庫を整理することが出来たと言える。アメリカ国外ではアジアパシフィック地域の販売不振により減少しているもののラテンアメリカ地域では力強いセールスを記録している。ヨーロッパ・アフリカ、カナダは昨年比8.8%、16.3%の成長を見せた昨年と比較して減少している。

ハーレーダビッドソンの2027年までの計画は下記の通り

・アメリカ国内で新たに200万人のハーレーのライダーを増やす
・アメリカ国外でのビジネスボリュームを年間比50%の割合まで増やす
・新たに100種類のインパクトのある車両を発表する
・投下資本に対して優れたリターンを実現する
・環境負荷を増加させるにビジネスを成長させる。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★SdKfz 2 Kettenkrad(ケッテンクラート)のレストア車両がオークションに登場
★ハーレーから2017年型 Street Rod(ストリートロッド)が登場
★USヨシムラから2017年型GSX-R1000用エキゾーストが登場
★F1、500cc両方で世界タイトルを獲得した唯一のレーサー ジョン・サーティースが死去
★KTM 2ストロークインジェクションエンジンを開発。2018年モデルとして市販へ
★岡山キャンピングカーレンタルセンター(岡山CRC)が 「ランバイクレースイベント」でレンタル車両を展示!
★クールスマイル バイク用のヘルメット内冷却製品「ヘルメットエアコン」を6月30日に発売
★ヤマハ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要を発表
★ヤマハ ヨーロッパで2017年のMTツアーを開催
★TOP GEARでマット・ルブランクが1299スーパーレッジェーラをライディング
★アロー(Arrow) 2017年型GSX-R1000/R1000R用のエキゾーストシステムを発売
★無限 今年もマン島TT Zeroクラスに神電で参戦
★「アウトドアデイジャパン2017 東京」出展概要
★コリン・ファーズ 世界最速100馬力のダージャム(バンパーカー)
★ストリートトリプル デビューフェア
★「XSR900」が世界的権威のデザイン賞で最高賞に選定
★「YZF-Rオーナーズミーティング」を後援! YZF-Rシリーズ2017年最新モデルの展示を行います。
★ブレンボのアルベルト・ボンバッセイ会長、栄誉ある自動車殿堂入りを果たす
★マン島TT 2017年度のプログラムは2バージョン
★クライトンレーシング 一斉を風靡したロータリーエンジン搭載の「CR700P」の後継車両を製作中