★MotoGP2017ヘレスGP ロッシ「ヘレスをランキング1位で迎えられるとは思わなかった」

前回のアメリカGPのプレスカンファレンスでは、ようやく今年のM1の乗り方とセットアップの出し方がわかったというようなコメントをしていたロッシ選手。ヘレスGPを前にしたコメントも、作業の進め方がわかったという自信に満ちたものです。ここで優勝が出来れば、チャンピオンシップにおいて大きなリードとなるでしょう。

ヴァレンティーノ・ロッシ

「ヘレスにチャンピオンシップをリードした状態で来れるなんて思っていませんでした。ウインターテストの中で発生したいくつかの問題をなんとか解決出来ましたし、非常に良いレースが出来ています。まだバイクの改善は必要だということは確かです。今週のヘレスは非常に重要なレースになります。」

Sponsored Link

「最初のヨーロッパでのレースですし、自分がいつも楽しめているサーキットです。オースティンでは最初のフリープラクティスから大きく改善が出来ましたが、またヘレスでも改善をしていくことが重要です。このバイクでの作業の仕方がわかりましたし、自分達が必要としている事を見つけることが出来ると思います。」

<モヴィスターヤマハ プレスリリース>

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目 Ducati新型カウルを披露
★MotoGP2017カタールテスト3日目結果
★MotoGP2017 困難を極めるロレンソとDucatiの変革
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「カタールでは自分に落ち着けと話しかけていた」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ドヴィツィオーゾ「転倒の引き金はペトルッチ」
★MotoGP2017アメリカGP予選2位 ビニャーレス「さらにプッシュしていく」
★MotoGP2017ホルへ・ロレンソ インタビュー「Ducatiへの移籍は自分のため」
★MotoGP2017ヘレスGP マルケス「バイクの感触は良くないが、何故か速く走れる」
★MotoGP2017ヘレスGP Q1結果
★MotoGP2017ヘレスGP 予選2位マルク・マルケス「新しいエンジンでコーナリングが改善している」
★MotoGP2017Ducati パオロ・チャバッティ「新しいカウルの作業を進めている」
★MotoGP2017ケーシー・ストーナー 5月23日からのバルセロナテストに参加
★ニッキー・ヘイデン 容態は未だ深刻、事故原因について調査が進む
★ヤマハ 鈴鹿8耐3連覇を目指し、ファクトリー体制の2チームが参戦
★MotoGP2017イタリアGP 予選4位ピッロ「ミスをしてフロントローを逃してしまった」
★カタルーニャGP グランプリコミッション 昨年と同様のレイアウト使用を決定
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選2位ロレンソ「既に良いベースはある」
★MotoGP2017オランダGP ビニャーレス「何が起きたのか説明出来ない」
★MotoGP2017ドイツGP 金曜のMotoGPクラスの走行はそれぞれ10分間延長
★MotoGP2017 ケビン・シュワンツ「GSX-RRは20位で終わるようなバイクではない」