★ヤマハ 上級オフロードレーサーの最新カラーリングイメージを採用 キッズ向けファンバイク「PW50」2018年モデルを発売

ヤマハ発動機株式会社は、キッズ向けファンバイク「PW50」2018年モデルについて、上級オフロードレーサー「YZシリーズ」2018年モデルと共通イメージのカラーリング&グラフィックを採用し、2017年8月30日より発売します。

Sponsored Link

「PW50」は、体重25kg以下の子供向けオフロード入門用モデルで、初代型から36年のロングセラーモデルとなっています。主な特徴は、1)運転操作が容易なオートマチックユニット、2)扱い易い軽量・小柄な車体、3)メンテナンス負荷の少ないシャフトドライブ、4)自転車と同様操作の左右レバー式ブレーキなどです。


「PW50」

名称 発売日 メーカー希望小売価格 販売計画
「PW50」
ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)
2017年8月30日 162,000円
(本体価格150,000円/消費税12,000円)
50台
(国内,年間)

※PW50は、国土交通省の認定を受けていませんので、ナンバープレートを取得できません。また道路を走行できません。道路を走行すると道路交通法及び道路運送車両法の違反となります。私道、寺の境内、海辺、堤防上、農道、林道など道路の形態を整えていないところでも、人や車が自由に出入り出来るところは道路とみなされます。
※保証(クレーム)の対象外製品となります。

<ヤマハ発動機 プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MVアグスタ 2017年に1台、2018年に2台の新型モデルを発表
★KTM 2ストロークインジェクションエンジンを開発。2018年モデルとして市販へ
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「満足しているし、自信もある」
★Vyrus 986M2ストリートバージョン 予想価格を€37,940(※約446万円)に変更
★MotoGP2017ミシュラン アルゼンチンGP決勝レースリリース
★MotoGP2017アメリカGP マーヴェリックの速さの秘密は何か?
★HRC Image Galleryを公開
★トライアンフ 新商品・新店効果により4月過去最高の登録台数を達成
★MotoGP2017フランスGP 優勝ビニャーレス「こういう形のレースを続けていきたい」
★ホンダ 大型スーパースポーツモデル「CBR1000RR SP2」を発売
★ホンダ ウェルカムプラザ青山 ニッキー・ヘイデン選手 追悼展示
★MotoGP2017オランダGP ザルコ「雨が強まれば優勝出来ていた」
★MotoGP2017ドイツGP ビニャーレス「今は前を向いて進みたい」
★電動バイクの新ブランド「XEAM」を立ち上げ!第一弾製品となる電動スクーター「notte」も発表。
★スズキ、新型125ccスクーター「アドレス125」を発売
★MotoGP2017アラゴンGP ファン・デル・マルク「走ることになればベストを尽くして楽しみたい」
★ホンダ 「CB1300 SUPER FOUR」と「CB1300 SUPER BOL D'OR」の商品魅力を熟成させ、法規対応を施して発売
★ホンダ ロングセラーモデル「スーパーカブ50」「スーパーカブ110」と「スーパーカブ50 プロ」「スーパーカブ110 プロ」をモデルチェンジし発売
★MotoGP2017バレンシアGP ビニャーレス「トップ5は狙えるはず」
★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 ザルコ「まだ2017年型の限界では走れていない」