★ヤマハ 上級オフロードレーサーの最新カラーリングイメージを採用 キッズ向けファンバイク「PW50」2018年モデルを発売

ヤマハ発動機株式会社は、キッズ向けファンバイク「PW50」2018年モデルについて、上級オフロードレーサー「YZシリーズ」2018年モデルと共通イメージのカラーリング&グラフィックを採用し、2017年8月30日より発売します。

Sponsored Link

「PW50」は、体重25kg以下の子供向けオフロード入門用モデルで、初代型から36年のロングセラーモデルとなっています。主な特徴は、1)運転操作が容易なオートマチックユニット、2)扱い易い軽量・小柄な車体、3)メンテナンス負荷の少ないシャフトドライブ、4)自転車と同様操作の左右レバー式ブレーキなどです。


「PW50」

名称 発売日 メーカー希望小売価格 販売計画
「PW50」
ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)
2017年8月30日 162,000円
(本体価格150,000円/消費税12,000円)
50台
(国内,年間)

※PW50は、国土交通省の認定を受けていませんので、ナンバープレートを取得できません。また道路を走行できません。道路を走行すると道路交通法及び道路運送車両法の違反となります。私道、寺の境内、海辺、堤防上、農道、林道など道路の形態を整えていないところでも、人や車が自由に出入り出来るところは道路とみなされます。
※保証(クレーム)の対象外製品となります。

<ヤマハ発動機 プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 マルケス新型カウルを使用
★岡山キャンピングカーレンタルセンター(岡山CRC)が 「ランバイクレースイベント」でレンタル車両を展示!
★BMWモトラッドUSA K1600BのUS価格を発表
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「決勝では路面はかなり綺麗になるはず」
★MotoGP2017カタールGP ミシュラン決勝レースリリース
★ホンダ 150SS Racerをバンコクモーターショーで発表
★クロスオーバーモデル「400X」の各部の熟成を図るとともにカラーリングを変更し発売
★ホンダ 「Dio110」に新色を追加し発売
★Vyrus 986M2ストリートバージョン 予想価格を€37,940(※約446万円)に変更
★マン島TT、TTXGPなどで活躍したTork 初の市販電動バイクとなるT6Xを発表
★MotoGP2017アメリカGP ザルコ「小排気量カテゴリーにも注目して欲しい」
★MotoGP2017アメリカGP ザルコのオーバーテイクはアグレッシブ過ぎたのか?
★MotoGP2017ヘレスGP ロッシ「ヘレスをランキング1位で迎えられるとは思わなかった」
★MotoGP2017ヘレスGP ロッシ「今週も最大の力で良いレースをしたい」
★MotoGP2017フランスGP 優勝ビニャーレス「こういう形のレースを続けていきたい」
★ホンダ ニッキー・ヘイデン選手の逝去について
★トライアンフ TIGER 800XRT / TIGER 800 XCA 限定導入のご案内
★モビスターヤマハ「ロッシは明日からの練習走行に参加出来る」
★MotoGP2017イタリアGP ロッシ「体調は良くなっているが、息をするのが苦しい」
★Ducati 7月7日にラグナ・セカでパニガーレRのファイナルエディションを発表?