★ヤマハ 上級オフロードレーサーの最新カラーリングイメージを採用 キッズ向けファンバイク「PW50」2018年モデルを発売

ヤマハ発動機株式会社は、キッズ向けファンバイク「PW50」2018年モデルについて、上級オフロードレーサー「YZシリーズ」2018年モデルと共通イメージのカラーリング&グラフィックを採用し、2017年8月30日より発売します。

Sponsored Link

「PW50」は、体重25kg以下の子供向けオフロード入門用モデルで、初代型から36年のロングセラーモデルとなっています。主な特徴は、1)運転操作が容易なオートマチックユニット、2)扱い易い軽量・小柄な車体、3)メンテナンス負荷の少ないシャフトドライブ、4)自転車と同様操作の左右レバー式ブレーキなどです。


「PW50」

名称 発売日 メーカー希望小売価格 販売計画
「PW50」
ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)
2017年8月30日 162,000円
(本体価格150,000円/消費税12,000円)
50台
(国内,年間)

※PW50は、国土交通省の認定を受けていませんので、ナンバープレートを取得できません。また道路を走行できません。道路を走行すると道路交通法及び道路運送車両法の違反となります。私道、寺の境内、海辺、堤防上、農道、林道など道路の形態を整えていないところでも、人や車が自由に出入り出来るところは道路とみなされます。
※保証(クレーム)の対象外製品となります。

<ヤマハ発動機 プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト モヴィスターヤマハ写真ギャラリー
★MotoGP2017 ミシュラン 2017年シーズンの変化への準備は万端
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「問題が再発している」
★Vyrus 986M2ストリートバージョン 予想価格を€37,940(※約446万円)に変更
★モト・イタリアーナ東京西(カネバン)試乗展示会のお知らせ
★MotoGP2017アメリカGP11位 フォルガー「ミスによってオーバーテイクされてしまった」
★MotoGP2017ヘレスGP フォルガー「ヘレス戦を待ち望んでいた」
★MotoGP2017ヤマハ マッテオ・フラミニが語るロッシと電子制御
★MotoGP2017フランスGP ロッシ「バイクのフィーリングは向上している」
★MotoGP2017フランスGP 予選2位ロッシ「新しいアスファルトが良い仕事をしている」
★ホンダ 世界中でスーパーカブを楽しむ人たちを写真でつなぐフォトプロジェクト「Love Cub Snap」をスタート
★MotoGP2017イタリアGP ビニャーレス「ヤマハの高いグリップを最大に活かしたい」
★スズキ 新型GSX-R600とGSX-R750の登場は2018年以降
★MotoGP2017カタルーニャGP 10位ビニャーレス「何が起きているのかわからない」
★MotoGP2017オランダGP ロッシ「常にトップ5を獲得しようとすることが大事」
★ホンダ 原付レジャーモデル「モンキー・50周年スペシャル」を限定発売
★2017年モデル GSX-R1000R ABS 発売
★MotoGP2017チェコGP ビニャーレス「良いフィーリングがある時は全てが上手くいく」
★MotoGP2017オーストリアGP 予選4位ビニャーレス「セクター1、2の加速性の向上が必要」
★MotoGP2017オーストリアGP6位 ビニャーレス「チャンピオンシップ争いをするにはリアのグリップ低下が課題」