★MotoGP2017オランダGP予選1位 ザルコ「表彰台獲得の良いチャンス」

難しいコンディションでポールポジションを獲得したザルコ選手。いつかは獲得するのだろういう予想はされていましたが、多くが予想していたよりも早め、そしてレインコンディションでのポールポジション獲得となっています。レースでは久しぶりにバックフリップが見られるのでしょうか?

Sponsored Link

ヨハン・ザルコ

「こうしたトップライダー達に混じってトップに自分の名前があるのを見た時は嬉しかったですね。最初の予選はウェットでしたが、Q2ではドライラインが見えていました。リアタイヤを交換しようと思ったんですが時間がありませんでした。そして最後の2周はプッシュをしようと思っていました。Moto2ではこうしたコンディションで良い結果を得られていました。金曜のドライセッションでは良い走行が出来、土曜日のウェットセッションでは面白い練習走行になりました。ですから明日はどちらのコンディションでも準備が出来ていると言えます。明日はポールポジションスタートですから、表彰台獲得にとっては良い機会と言えるでしょう。バックフリップはまた日曜にやりたいと思いますね。これで明日そうしたチャンスが巡ってくるのであれば最高ですね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 なぜDucatiのフェアリングは、ルール上恐らく問題ないと言えるのか?
★MotoGP2017 ペドロサ「今年はあらゆる面で最高の自分を見つけていきたい」
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「フロントのフィーリングを見つける必要がある。」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「問題が再発している」
★ル・マン24時間耐久レース2位 YARTヤマハオフィシャルEWCチーム3選手のコメント
★MotoGP2017アメリカGP予選1位 マルケス「明日は最適なタイヤを選ぶ事が重要」
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「優勝のチャンスがあれば当然狙っていく」
★MotoGP2017アメリカGP ペドロサ「次は自分が好きなヘレスを楽しみたい」
★MotoGP2017 アメリカGP アレイシ・エスパルガロ「唯一出来るのは今週末を忘れること」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選23位 津田「レースの中で多くを学びたい」
★MotoGP2017フランスGP 予選4位クラッチロー「ヤマハのような戦闘力を発揮するのは難しい」
★MotoGP2017フランスGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017イタリアGP ビニャーレス「頭を使って走る必要がある」
★MotoGP2017カタルーニャGP Q1結果
★MotoGP2017カタルーニャGP 3位ペドロサ「最後は良い形でタイヤをセーブ出来なかった」
★MotoGP2017アプリリア ロマーノ・アルベシアーノ「既に他のライダーと話を進めている」
★MotoGP2017カタルーニャテスト ビニャーレス「再び良い感触でライディング出来た」
★MotoGP2017オランダGP ロッシ「アッセンで新しいシャーシをどう感じるか楽しみ」
★MotoGP2017ドイツGP 10位クラッチロー「今シーズンで最もがっかりしたレース」
★MotoGP2017ドイツGP 決勝プレスカンファレンス翻訳