★MotoGP2017オランダGP ロレンソ「過去3年、4年の中でも最悪のレース」

今回は予選21位からのスタートとなったロレンソ選手は、ホワイトフラッグが降られた直後にピットインするというギャンブルを冒しましたが、報われずに15位で終わりました。

Sponsored Link

ホルへ・ロレンソ

「最速のライダー達からは0.5秒は遅いタイムでした。ただコンスタントなペースではあったんです。イアンノーネを捉えていて、ミラーやペドロサがいる他のグループにも接近していました。ただ、また雨が少し降り出した時にペースをかなり失ってしまったんです。前にいたグループや後ろのグループよりもそういった状況でした。自分は14位で失うものは何もない状態でした。ですからピットインするというギャンブルに出たんです。ただ、それ以上の雨は降らず雨が止んでしまい、実際レインタイヤはこのコンディションでは柔らかすぎたんです。」

「まあこれは完全なギャンブルだったんです。ウォームアップでは雨が降り出した後に急激に雨が激しくなりました。自分は14位だったので、特に失うものはなかったんですよ。これによって7ポイント、8ポイントを余計に得られる可能性がありました。それにスリックタイヤでは周回ごとに5秒ほど失っていたんです。ですからそのまま走り続けていたら、3人か4人のライダーに抜かれていたでしょう。」

「3位で完走した2015年を除いて、そしてこのミックスコンディションですから、恐らくヤマハで過ごした年も含めて過去3年4年で最も最悪な週末でしょうね。それに今日の21位スタートも助けになりませんでした。しかしドライコンディションで、こうした状況を考えると悪くは無かったと思います。こうした厳しい週末でも、ペースとしては0.5秒以上失いませんでしたしね。ですから、ザクセンリンクのような良い週末、良いトラックであれば、この0.5秒を縮める事が出来ると思いますし、モントメロのような優勝まで9秒差という状況を改善出来ると思います。」

「ただ、明らかにスリックでウェットコンディションというのは自分の好むところではありません。限界がどこなのかまったくわからず、非常に遅いペースで走っていたんです。自分はこうしたコンディションのスペシャリストではありませんし、あまりにも多くのタイム失いました。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ビニャーレス「もう少しプッシュ出来る。」
★Ducati851を被った1199スーパーレッジェーラ
★MotoGP2017アメリカGP4位 クラッチロー「ヨハンを抜くのに手こずった」
★MotoGP2017ミシュラン ヘレスGP決勝レースリリース
★MotoGP2017オランダGP ロッシ「アッセンで新しいシャーシをどう感じるか楽しみ」
★MotoGP2017チェコGP 予選プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017チェコGP クラッチロー 第6頚椎を骨折したまま5位を獲得
★MotoGP2017ブルノテスト イアンノーネ「バイクに対するフィーリングが大きく向上した」
★MotoGP2017オーストリアGP フォルガー「レッドブル・リンクでのレースは楽しい」
★MotoGP2017サンマリノGP FP3結果
★MotoGP2017サンマリノGP リン・ジャービス「ロッシの代役候補は4人いる」
★MotoGP2017日本GP ロッシ「氷の上を走っているような感じだった」
★MotoGP2017バレンシアGP 2位ザルコ「立ち上がりとコーナリングスピードに苦戦した。バックフリップはまた来年」
★MotoGP2017ミシュランタイヤ バレンシアGP決勝レースリリース
★MotoGP2018 セパンテスト1日目 ALMA PRAMAC RACINGの2人が4位、5位タイムを記録
★MotoGP2018 セパンテスト2日目 ロレンソ「まだまだ改善出来る余地はあると感じる」
★MotoGP2018 セパンテスト2日目 ドヴィツィオーゾ「ポジティブな点に集中することは、新しいトラックで役に立つ」
★MotoGP2018 セパンテスト2日目 ミラー「タイムも素晴らしいがバイクのフィーリング良いことが嬉しい」
★MotoGP2018アルゼンチンGP ラバト「タイヤライフの改善が必要」
★MotoGP2018アメリカGP ドヴィツィオーゾ「自分達の強みはわかっている」