★MotoGP2017オランダGP ロレンソ「過去3年、4年の中でも最悪のレース」

今回は予選21位からのスタートとなったロレンソ選手は、ホワイトフラッグが降られた直後にピットインするというギャンブルを冒しましたが、報われずに15位で終わりました。

Sponsored Link

ホルへ・ロレンソ

「最速のライダー達からは0.5秒は遅いタイムでした。ただコンスタントなペースではあったんです。イアンノーネを捉えていて、ミラーやペドロサがいる他のグループにも接近していました。ただ、また雨が少し降り出した時にペースをかなり失ってしまったんです。前にいたグループや後ろのグループよりもそういった状況でした。自分は14位で失うものは何もない状態でした。ですからピットインするというギャンブルに出たんです。ただ、それ以上の雨は降らず雨が止んでしまい、実際レインタイヤはこのコンディションでは柔らかすぎたんです。」

「まあこれは完全なギャンブルだったんです。ウォームアップでは雨が降り出した後に急激に雨が激しくなりました。自分は14位だったので、特に失うものはなかったんですよ。これによって7ポイント、8ポイントを余計に得られる可能性がありました。それにスリックタイヤでは周回ごとに5秒ほど失っていたんです。ですからそのまま走り続けていたら、3人か4人のライダーに抜かれていたでしょう。」

「3位で完走した2015年を除いて、そしてこのミックスコンディションですから、恐らくヤマハで過ごした年も含めて過去3年4年で最も最悪な週末でしょうね。それに今日の21位スタートも助けになりませんでした。しかしドライコンディションで、こうした状況を考えると悪くは無かったと思います。こうした厳しい週末でも、ペースとしては0.5秒以上失いませんでしたしね。ですから、ザクセンリンクのような良い週末、良いトラックであれば、この0.5秒を縮める事が出来ると思いますし、モントメロのような優勝まで9秒差という状況を改善出来ると思います。」

「ただ、明らかにスリックでウェットコンディションというのは自分の好むところではありません。限界がどこなのかまったくわからず、非常に遅いペースで走っていたんです。自分はこうしたコンディションのスペシャリストではありませんし、あまりにも多くのタイム失いました。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP ビニャーレス「自分達のベストを尽くす」
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「ザルコがここまで速いとは思っていなかった」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「チャレンジングな1日だった」
★MotoGP2017アルゼンチンGP アレイシ・エスパルガロ「前の集団に追いつこうとしていた」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017アメリカGP ペドロサ「ポジティブな点に集中したい」
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「チャンピオンシップ争いに復活出来た」
★MotoGP2017 KTM ル・マンで改良型エンジンその他をテスト
★MotoGP2017ヘレスGP 予選7位ロッシ「ホンダのパフォーマンスが高いのが気がかり」
★MotoGP2017 ヴァレンティーノ・ロッシ「MotoGPクラスにVR46で参戦するつもりはまだない。」
★Eskil Suter 「MMX500はMotoGPマシンとも互角に戦える」
★MotoGP2017 イタリアGP(ムジェロ戦)から2016年型フロントタイヤを使用
★MotoGP2017フランスGP 予選6位ドヴィツィオーゾ「ライバル達に全力でついていきたい」
★MotoGP2017フランスGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017イタリアGP FP3結果
★MotoGP2017イタリアGP ペトルッチ「ロッシを抜いた時は、誰かに殺されるんじゃないかと思っていた」
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選13位ロッシ「5周だけ速く走るか、ずっと遅いペースで走るか」
★MotoGP2017カタルーニャテスト ロッシ「新しいシャーシでライディングが楽しくなった。」
★MotoGP2017ドイツGP Q1結果
★MotoGP2017ドイツGP 写真ギャラリー