★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 公式予選総合結果

本日行われた鈴鹿8耐の公式予選総合結果です。トップタイムを獲得したのはYAMAHA FACTORY RACING TEAM、2位YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING、3位はMuSASHi RT HARC-PRO. Hondaとなりました。明日は決勝出場チームによりフリー走行に加えて、下記トップ10チームによるトップ10トライアルが行われます。

公式予選総合結果トップ10チーム/平均ラップタイム

1 位 EWC YAMAHA FACTORY RACING TEAM 2’07.116
2 位 EWC YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING 2’07.523
3 位 EWC MuSASHi RT HARC-PRO. Honda 2’07.538
4 位 EWC Kawasaki Team Green 2’07.867
5 位 EWC F.C.C.TSR HONDA 2’07.919
6 位 EWC YART-YAMAHA 2’08.176
7 位 EWC Team KAGAYAMA 2’08.553
8 位 EWC MORIWAKI MOTUL RACING 2’08.796
9 位 EWC Honda Suzuka RacingTeam 2’08.984
10 位 EWC Satu HATI. Honda Team Asia 2’09.295

明日の詳細スケジュールは公式サイトよりご確認ください。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★チームSRCカワサキがル・マン24時間耐久の総合ポールポジションを獲得
★スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム ル・マン24時間耐久は6番手スタート
★ル・マン24時間耐久 ウォームアップ走行トップはチームSRCカワサキ
★ル・マン24時間耐久 数々の新記録が誕生
★ル・マン24時間耐久レース2位 YARTヤマハオフィシャルEWCチーム3選手のコメント
★世界耐久選手権(EWC) オッシャースレーベン8時間耐久レースが開幕!
★オッシャースレーベン8時間耐久レース総合結果
★ヤマハ 鈴鹿8耐3連覇を目指し、ファクトリー体制の2チームが参戦
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から5時間での順位
★ホンダ 2016-2017 FIM世界耐久選手権シリーズ 最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会 参戦体制について
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 公開合同テスト  7月12日 総合結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 公開合同テスト  7月13日 総合結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ブルーライダー公式予選1
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ブルーライダー公式予選2
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 夜間フリー走行結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 残り3時間でヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームがトップ
★鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームが3連勝、GMT94ヤマハが世界耐久選手権においてチャンピオンシップ優勝
★2017-2018 FIM世界耐久選手権  開幕戦ボルドール24時間耐久には59チームがエントリー
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久予選 チームSRCカワサキがポールポジションを獲得 
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 現チャンピオンGMT94ヤマハが完全優勝