★MotoGP2017オーストリアGP ロッシ「どのレースでも表彰台を狙える」

ブルノテストでは新型フェアリングも試していたロッシ選手。オーストリアはヤマハ向きでは無いとしながらも、M1のフィーリングは非常に良いと語ります。Ducatiが得意とするオーストリアだけに、チャンピオンシップ上の最大のライバルであるマルケス選手、ビニャーレス選手よりも多くポイントを獲得することが何よりも重要になります。

Sponsored Link

バレンティーノ・ロッシ

「トラックにすぐに戻るというのは自分達にとっては非常に重要です。特にブルノのテストの後ではね。ここでは非常に多くの内容を試すことが出来ました。チェコGPの週末はいかなるコンディションにおいてもスピードを発揮出来ました。それにテストは色々な内容の理解をさらに進めてくれました。これからオーストリアに向かいますが、ここはヤマハにとってはあまり得意ではないサーキットです。しかしここでも良い戦いが出来ることを願っています。今はYZR-M1のフィーリングは良いです。上手くライディング出来ていますし、どのレースでも表彰台を狙えると思います。チャンピオンシップはまだどうなるかわかりませんし、出来るだけ多くのポイントを獲得することが重要です。」

(Photo courtesy of yamaha)

<モビスターヤマハ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 イアンノーネ「目標はトップライダー達と一緒に走ること」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ミラー「今年の目標は10位以内で完走すること」
★MotoGP2017アメリカGP マーヴェリックの速さの秘密は何か?
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「少なくとも3秒台は出せる」
★MotoGP2017ヘレスGP フォルガー「ヘレス戦を待ち望んでいた」
★バレンティーノ・ロッシ「さようなら。ニッキー。」
★MotoGP2017 ペドロサ「腕上がり手術のドクターを紹介してくれたのはニッキーだった」
★MotoGP2017イタリアGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017オランダGP フォルガー「アッセンはヤマハに合っているはず」
★MotoGP2017 6/27時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017 サーキット・オブ・ウェールズのレース開催準備は遅々として進まず。
★MotoGP2017ドイツGP 木曜プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017ドイツGP 3位ペドロサ「リアグリップに苦戦した」
★MotoGP2017 レディングが解説するMotoGPマシンのハンドルスイッチ
★MotoGP2017オーストリアGP 決勝レース結果
★MotoGP2017オーストリアGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017オーストラリアGP ロッシ「自分達は難しい状況にある」
★MotoGP2017オーストラリアGP 3位ビニャーレス「素晴らしい仕事してくれたチームに感謝」
★MotoGP2017マレーシアGP 予選7位マルケス「今回は優勝出来るリズムはない」
★MotoGP2018 カタールテスト3日目 2位ロッシ「ヤマハはエレクトロニクスで苦戦が続いている」