DNFアレックス・リンス「少しずつフロントの空気圧が下がっていった」MotoGP2022日本GP

DNFアレックス・リンス「少しずつフロントの空気圧が下がっていった」MotoGP2022日本GP

リンスはスタートで順位を回復したものの、縁石を使ってオーバーテイクを試みたことで、タイヤのリムが変形。これで徐々にフロントの空気圧が下がっていき、リタイアを余儀なくされた。ミルの代役として出場した津田選手もリタイアとなったことで、Team SUZUKI ECSTAR(チーム・スズキ・エクスター)は最後の日本GPをダブルDNFで終えた。

違う結果になればよかった

アレックス・リンス

「ひどいレースでした。スタートは良くてポジションを回復することが出来ました。ターン3では外から外のライダーを縁石からオーバーテイクしようと思ったんです。しかし、その後からフロントのフィーリングがおかしくなり、タイヤが少しづつ空気圧が下がっているような状況でした。」

Advertisement

「順位を徐々に失い、すべてのコーナーで転倒しそうになりました。そのためピットに戻ることにしたんです。チームが確認したところ、ホイールのリムが変形したことで空気圧が下がっていることがわかったんです。素晴らしいサポートをしてくれるファンのために、違う結末になればと良かったですが残念ですね。」

(Photo courtesy of suzuki racing)

MotoGPカテゴリの最新記事