★スズキ 2018年型GSX-R1000R/GSX250Rの新色を発表

スズキは北米市場向けに2018年型のGSX-R1000RとGSX250Rの新色を発表。このGSX-RRと同様のカラーリングは、1月27日セパンで行われたECSTARスズキの発表に合わせて発表されていたものです。欧州市場では同様のカラーリングで3月、北米では4月から発売が開始されます。

Sponsored Link

スズキアメリカ プレスリリース

スズキアメリカは2018年のGSX-R1000RとGSX250Rに新色を追加します。これはトラック、ストリート、ショールームで注目を集めることになるでしょう。

2018 GSX-R1000R

この新色はスズキのMotoGPマシンであるGSX-RRのカラーリングを採用したもので、メタリックトリトンブルーのGSX-R1000Rの驚異的なパフォーマンスは、スターティンググリッドでこのバイクを扱う自信を持つライダーに強烈にアピールします。スパークリングブルーのベースカラーの上に、スズキECSTAR MotoGPのカラーリングが施され、ゴールドアノダイズドのSHOWA製BFFフォークとリアショックが装備されます。

スズキのGSX-RRにインスパイアされたバイクは、ライダーにGSX-Rの「Own the Racetrack」というキャッチフレーズを思い起こさせます。このバイクの素晴らしい性能は、ヨシムラスズキ・ファクトリーレーシングチームのトニ・エリアス、ロジャー・ヘイデンが、2017年にMotoAmerica スーパーバイクチャンピオンシップで証明したとおりです。

2018 GSX250R

大衆に溶け込むことを嫌うライダーのために作られたGSX250Rは、目を引くようなマルチトーンカラーを採用。エレガントな単色のホワイト、ブラックの仲間に加わりました。ライダーはGSX250Rのエキサイティングば赤と黒のカラーを目にした時に目を奪われることでしょう。

このカテゴリーの中では最もオールラウンドなバイクであることはスペックが証明しています。2気筒、フューエルインジェクションエンジンはフルフェアリングに覆われています。ボディのホワイトのストライプは、興奮とライディングがもたらす満足感を伝えますが、これはスズキのスポーツバイクの刀からの遺産と言えるでしょう。刀のスピリットを若い世代のライダー達に伝えるため、GSX250Rは優れたパフォーマンス、美しいスタイリング、優れたエルゴノミクスデザインを採用しています。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目 イアンノーネ「新品タイヤで問題が出る」
★MotoGP2017スズキ 河内健氏「早い段階でタイトル争いに参加したい」 
★MotoGP2017 スズキMotoGPスペシャルサイトでGSX-RRの詳細を公開
★ホンダ 「Dio110」に新色を追加し発売
★MotoGP2017アルゼンチンGP リンス「自分の体調も助けにはならなかった」
★MotoGP2017アメリカGP イアンノーネ「良いシーズンスタートとは言えない」
★MotoGP2017 アンドレア・イアンノーネ「ほとんどのレースで自分のほうがビニャーレスのタイムより速い」
★鈴鹿8耐2017 各メーカーのレースレポート
★Ducati新型V4スーパーバイク 新たな動画が登場
★MotoGP2017アラゴンGP12位 イアンノーネ「今までのレースより苦戦しなかった」
★MotoGP2017スズキ アラゴンでのテストをポジティブに終了
★MotoGP2017オーストラリアGP リンス「サーキットレイアウトはGSX-RRに合っている」
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてPCX ELECTRICを出展
★BMW EICMAでBMW C400Xを発表
★MotoGP2017バレンシアGP 予選3位イアンノーネ「結果がついてきていて、来年に向けて良い状況」
★ケヴィン・シュワンツのペプシ・スズキ・RGV500のフルレストアが行われる
★スズキ 「Team Suzuki Racing Magazine」のMXスペシャルエディションを公開
★スズキ 2017年型GSX-R1000のレースにおける活躍を収めた映像を公開(パート2)
★スズキ、GSX-Rシリーズの新型「GSX-R125 ABS」を発売
★スズキ 新型隼は1,440ccで登場?