★Zaki’s Garege カスタムハーレー「Vulcanworks Twin Engine」

兵庫県尼崎市にある「Zaki’s Garege」が販売している狂気に満ちたカスタムバイク、「Vulcanworks Twin Engine」をご紹介します。「Zaki’s Garege」では海外の有名ショップ、ビルダーが作成したワンオフのカスタムハーレーを輸入、日本法令に合わせた改造を施し、車検を取得して販売しています。良くあるカスタムハーレーとは一味も二味も違う、まさに狂気のカスタムバイクと言えるでしょう。

Sponsored Link

Vulcanworks Twin Engine

この車両は、HarleyのCNC custom partsを作成している事で知られるVulcanworksが、2009年にチャリティーオークションの為に作成したものです。一番の特徴はS&Sの80cubic inches(1,340cc)エンジンが縦に2基搭載されていることです。エンジンを2基搭載するためのフレーム、それに合わせたタンクも相まって、究極のロー&ロングのスタイルを形作っています。
201608100730544

Vulcanworks Twin Engine3

Vulcanworks Twin Engine4
アメリカで作成され、Youtubeの撮影で動かされた以外は動かした形跡がない車両とのことで、走行距離もゼロマイルのまま倉庫保管されていた車両です。長期間保管されていたため、そこから実際に乗れる状態にするまで、長時間の整備や改修作業がなされています。

日本で行った作業としては、多眼LEDヘッドライトの装着、LEDポジションランプの装着、Auto Meter Pro Cycleのメーターを装着、ガソリンコック&ホースの全部品交換、オイルシールの交換、塗装修正、ガラスコート、その他各部整備交換作業などとなり、2016年5月に2名乗車可能な車両として新規に車検を取得しています。

気になる販売価格は750万円(税込)で、新たなオーナーには、コレクションとして持ち続ける、実際に乗り回す、テレビや雑誌の取材を受ける、店舗やイベントに展示するなど、色々な楽しみ方をして欲しいとのこと。
Vulcanworks Twin Engine5

「Zaki’s Garege」について

マニアがお金と労力を注ぎ込んだ貴重なクルマとバイクを専門に扱う、ちょっと凄い品揃えの兵庫県尼崎市にあるガレージです。 一般的なカスタム車両ではなく、完全なワンオフ車両のみを扱っており、これらの車両で日本の車検を取得出来るように日本法令に合わせた改造作業を行い、新規に車検を取得して販売しています。

ワンオフ車両はインターネット上の情報などから現地エージェントに現物確認、写真撮影を行わせ、確認後に輸入しています。買い付けを行う車両は長期間保管されていたマシンが多いため、ガソリンホース、パッキン、電気コードの被膜などの各部が劣化している場合がほとんど。そのため「Zaki’s Garege」では、これらの車両のほとんどを全組み直し、配線の引き直しを行ってから販売しています。

また、「Zaki’s Garege」では、英国ロイヤルエアフォースの払下げ戦闘機のエンジンパーツで、ワンオフでテーブルなども作成しています。これらのパーツは輸入が困難ですので、安定して入荷があるものではありませんが、これまでに製作した作品はすべて完売しています。現在、垂直離着陸戦闘機ハリアー(Hawker Siddeley Harrier)の ロールス・ロイス製ペガサスエンジンの巨大なディフューザーが入荷しており、オーダーでのテーブル作成の他、単品での販売もしています。

ショップ情報

ショップ名:Zaki’s Garege
住所:兵庫県尼崎市金楽寺町2-31-15
電話番号:090-3352-0552 担当:イヨタまで
URL:http://jp.bloguru.com/zakisgarage



この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link