★MotoGP2017アラゴンGP ロッシの代役としてマイケル・ファン・デル・マークが参戦

アラゴンGPでの出場もあるかと言われていたロッシ選手ですが、ここは流石に無理をせずに代役を立てることとなりました。代役として走るのはWSBKで活躍するマイケル・ファン・デル・マーク選手。MotoGPでの走行経験はゼロ、また金曜のフリープラクティスからいきなり走り始める形です。

Sponsored Link

バレンティーノ・ロッシが怪我から回復する間、ヤマハのWSBKライダーであるマイケル・ファン・デル・マークが、バレンティーノ・ロッシのYZR-M1をMotoGP世界選手権第14戦アラゴンGPに出場します。

ロッシはリハビリを進めていますが、日本のツインリンクもてぎで10月13日から15日に開催される日本GP前に復帰は難しい状態です。

アラゴン戦ではファン・デル・マークはロッシのいつものクルーとともに参戦します。24歳の若きライダーは、彼のチームメイトであるWSBKライダー、鈴鹿8耐の優勝ライダーでもあるアレックス・ロウズが昨年得たのと同じ経験をすることとなります。ロウズはモンスターテック3ヤマハのブラッドリー・スミスが怪我をした際に、イギリス、サンマリノ、アラゴンに代役として出場していました。

ブルノ、チェコとテストをしていたロウズと異なり、ファン・デル・マークはトレーニングなしにYZR-M1に乗ることとなります。しかし、3度の鈴鹿8耐優勝ライダーの彼は、ファクトリーチームでの働き方はよく知っています。また彼はグランプリレーシングの世界では、2010年に7度125ccクラスで戦い、2011年にはMoto2クラスのアッセン戦に参戦しています。また彼のWSBKでの経験、スーパースポーツ世界選手権での経験、ユーロピアンスーパーストック600での経験から、アラゴンでの豊富な走行経験を持っており、彼はアラゴンでは過去に7度走行経験があるのです。

マイケル・ファン・デル・マーク

「MotoGPのアラゴンGPでYZR-M1に乗れるチャンスを与えられた事に興奮しています。MotoGPバイクは乗ったことがありませんので、自分にとっては完全に新しい経験となります。このバイクに乗った際にどんな感触なのか確かめるのが楽しみです。テストなしに金曜にフリー走行に参加するのは非常に難しいと思っています。とは言え、ヤマハにはこのような機会を与えていただいたことを感謝しています。最高の経験になるでしょう。」

(Photo courtesy of yamaha)

<モビスターヤマハ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017ミシュラン アルゼンチンGPプレビュー
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「満足しているし、自信もある」
★MotoGP2017アメリカGP Q1結果
★MotoGP2017ヘレスGP クラッチロー「今日は正直ラップタイムは期待していなかった」
★MotoGP2017 セテ・ジベルナウ「最高のダニはこれから」
★MotoGP2017フランスGP 3位ペドロサ「昨日を考えると素晴らしい結果」
★ロジャー・リー・ヘイデン「兄さん、また一緒に走る時まで。。愛をこめて」
★MotoGP2017ロッシ 病院を退院し自宅で静養
★MotoGP2017イタリアGP アレイシ・エスパルガロ「良いポイントを獲得することが重要」
★MotoGP2017アプリリア ロマーノ・アルベシアーノ「新しいフェアリングは明らかに利点がある」
★MotoGP2017オランダGP クラッチロー「勝つためにここにいる。サテライトでも優勝は可能。」
★MotoGP2017 ジャック・ミラーのホンダとの契約更新はなし
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「シーズン後半はトップ10で完走出来る」
★MotoGP2017 レディングが解説するMotoGPマシンのハンドルスイッチ
★MotoGP2017オーストリアGP 木曜プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017イギリスGP 4位クラッチロー「フロントタイヤが柔らかすぎた」
★MotoGP2017アラゴンGP予選1位 ビニャーレス「序盤から最後までプッシュすることが重要」
★ヤマハ <エンジニア、デザイナー、プランナーの方へ>バイクとの新しいライフスタイルを創造する『BIKE_A_THON(バイカソン)』10月13日から募集開始!
★MotoGP2017マレーシアGP ロレンソ「あの状況で何をすべきかは、言われずともわかっている」
★MotoGP2017ミシュランタイヤ バレンシアGPプレビュー