★MotoGP2017イギリスGP 決勝レース結果

イギリスGPの結果です。気温は25℃、路面温度は40℃まで上がったドライコンディションのレースとなりました。ホールショットを奪ったのはロッシ選手で、そのままレースをリード。ハードのリアタイヤを履くロッシ選手をソフトのリアタイヤを履くビニャーレス選手、ハードのリアタイヤを履くマルケス選手が追います。

Sponsored Link

レースはその後大きな動きが無い中、一時スズキのアレックス・リンス選手がファステストラップを記録、地元のサム・ロウズ選手がリタイアします。レースが大きく動いたのは残り7周となった時点で起きた、マルケス選手のエンジンブロー。大きく白煙を上げるマシンを止めて、マルケス選手がまさかのリタイア。

その後Ducatiのドヴィツィオーゾ選手がじわじわとトップを走るロッシ選手を追い上げ、残り3周の時点でストレートスピードを活かしたブレーキングでロッシ選手をパスしてトップに浮上。ロッシ選手はその後ビニャーレス選手にもパスされますが、追いつくことが出来ません。同じ頃にスズキのイアンノーネ選手がペトルッチ選手のイン側でブレーキング中に転倒。ペトルッチ選手を巻き添えにして転倒します。

トップの3人はその後も接近したまま走行を続けますが、最終ラップでビニャーレス選手がドヴィツィオーゾ選手にコーナーを3つ残した状態で大きく接近するも、捉えきれずにドヴィツィオーゾ選手が優勝。ビニャーレス選手は2位、ロッシ選手は3位となりました。

4位は地元クラッチロー選手、5位はロレンソ選手、6位ザルコ選手、7位ペドロサ選手、8位は地元レディング選手、9位はスズキのリンス選手、10位バウティスタ選手となっています。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 アプリリア「Ducatiのカウルは我々のルール解釈からはかけ離れている」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「少しプレッシャーを感じる」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ドヴィツィオーゾ「レースが非常に楽しみ」
★MotoGP2017 ドヴィツィオーゾ「実はホンダと契約がまとまりかけていた。」
★MotoGP2017ホンダ リヴィオ・スッポ「現状は落ち着いてパニックにならないことが重要」
★MotoGP2017アメリカGP イアンノーネ「良いシーズンスタートとは言えない」
★MotoGP2017ミシュラン 5月1日、2日にル・マンでタイヤテストを実施
★MotoGP2017ヘレスGP マルケス「今シーズンの中でも最も重要な週末の1つだった」
★MotoGP2017フランスGP ビニャーレス「良い仕事が出来るはず」
★MotoGP2017フランスGP 2位ザルコ「このままプッシュしていきたい」
★MotoGP2017フランスGP 5位クラッチロー「今日の目標はトップ6での完走だった」
★MotoGP2017イタリアGP 10位イアンノーネ「グリップが落ちるとコーナリングに問題が出る」
★MotoGP2017カタルーニャGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017カタルーニャGP 6位ジョナス・フォルガー「予選順位、レース序盤のペースを改善出来た」
★MotoGP2017オランダGP予選3位 ペトルッチ「難しいコンディションだった」
★MotoGP2017ヘレスサーキット 再舗装を8月までに完了の予定
★MotoGP2017 コラード・チェッキネッリ「メーカー独自IMUがチートに使われている可能性がある」
★MotoGP2017イギリスGP 4位クラッチロー「フロントタイヤが柔らかすぎた」
★タイのチャーン・インターナショナル・サーキット 2018年からMotoGPを開催
★MotoGP2017アラゴンGP ビニャーレス「ウェットでこんなパフォーマンスではタイトル争いは出来ない」